幼児向け通信教育教材

Z会は年少から始めるべき?メリットとデメリット

Z会幼児年少ブログ

幼児通信教育は年少か年中から始まるものが大半。

どちらから始めるのがいいのか、迷いますよね。

結論から言うと、文字や数のお勉強は年中からでも十分

でも、年少から独自のカリキュラムを組んでいる幼児教育なら、やはりスタートの年少から受講しておいた方がいいです。

それがZ会

Z会は幼児から高校まで一貫した教育プログラムを組んでいます。

といっても、高度な先取り教育をするわけではありません。

何をするかというと、『思考力・表現力・自主行動力』の基礎を3年かけてコツコツと築いていきます。

「目先の効果よりも、幼児期には考える力や好奇心をしっかり育てておく方が、最終的に伸びる」

という独自の方針ですよ。

このZ会の方針の良さは、やってみればすぐにわかります。

Z会は小学講座以降も他とは傾向がかなり違うので、いずれZ会をやりたいなら、幼児コースから始めておくことを強くおすすめします。

脳の約90%が完成する6歳までに、Z会の『考えるワークドリル』と『実体験学習』の2本立てで、

筋道を立てて考える力

自己表現する力(アウトプット)

「何でも知りたい!やってみたい!」という好奇心

をしっかりと育んでおくことが、小学校に入ってからグンと力を伸ばす秘訣。

Z会幼児コースは、株式会社イードの顧客満足度調査『イード・アワード2020年』の幼児通信教育部門で、「最優秀賞」「効果のある通信教育」「教材がよい通信教育」など部門賞の5冠を達成しました。

イードアワード幼児通信教育2020イードアワード幼児通信教育2020

出典:イード・アワード顧客満足度調査(株式会社イード)

 

我が家では、様々な幼児通信教育を受講してみた結果、『Z会』と『こどもちゃれんじ思考力特化コース』の併用受講で落ち着きました。

中でも、親子ともZ会の実体験学習が大のお気に入りで、身についたことはとてつもなく多いので、小学校に上がってもZ会は絶対に続けようと思っています。

 

それでは、チャイルドコーチングマイスターで幼児・小学生の教育に携わり、1児の母でもある筆者が、実際の教材を見ながらZ会年少コースの内容をたっぷりお伝えしていきます。

Z会の目的や効果は他の幼児教材とかなり違いますよ♪しっかり吟味していきましょう♪

最初にまとめると、Z会幼児・年少コースは、

√ 『ドリルワーク』と『体験教材』の2本立てで、幼児教育の理想形。
√ 思考力や知的好奇心をつけるには最高の年少教材。

Z会幼児・年少コースはこんなお子さんにおすすめ♪

  • じっくり考える力をつけたい
  • 目先の効果より、将来伸びてほしい
  • 自分で好きなことを見つけて取り組む子になってほしい
  • 幼児期からZ会のカリキュラムにのせたい

もちろんZ会にもデメリットはあります。

Z会幼児・年少コースのデメリット

  • ワークドリルの仕様はお勉強感が強く淡泊
    (最初は親の盛り上げが必要)
  • 実体験学習は親の手間がかかる

子供Z会より他の教材がおすすめのお子さん(年少)

迷ったらお試し教材を取り寄せて比べてみてね♪どれも約1週間分たっぷり試せるよ♪

Z会幼児コースの他の記事はこちらからどうぞ♪

>>さっそくZ会年少コースの無料教材を試してみる♪

 

 

Z会幼児・年少コースの教材内容

Z会幼児『年少コース』の毎月の教材は、こんな感じ。

Z会幼児年少ブログ

Z会年少2020年9月号

Z会幼児『年少コース』

  • お勉強ドリル『かんがえるちからワーク』(24~30回分)
  • 実体験教材『ぺあぜっと』(4回分)
  • 絵本『いっしょにおでかけブック』

Z会幼児年少コースは、文字・数・論理などを学ぶ「お勉強ワーク本」と、自然科学・社会などを学ぶ「実体験学習本」の2本立て。

これは理想的な教材の形で、幼児期に大切な『考える力』と『知的好奇心』の両方を身につけることができます。

ごくたまに付録がつくけれど、Z会の付録はおもちゃというよりも、ひらがなすごろくやカードなど、お勉強寄りですね。

『絵本』は年少コースのみで、年中からは毎月『絵の添削課題』が付きます。

 

Z会幼児年少コースで具体的に学ぶ内容は、次の通り♪

子供Z会年少の2冊の教材で学ぶこと

言葉ひらがな読み・なぞり書き・運筆・語彙を増やす・擬音語・反対語など
数・形1~10の比較・順番・長短・量の比較・平面図形・立体の断面など
論理仲間分け・迷路・条件整理など
自然生き物・植物・季節など
生活生活習慣・安全・道徳・体遊びなど
表現課題表現・描写
食育野菜・果物・料理

中でもZ会が重点をおいているのは、『論理・表現・食育』

Z会では年少~年長通して食育に力を入れているのが特徴。毎月お料理もするよ♪

では、

『かんがえるちからワーク』

『ぺあぜっと』

『いっしょにおでかけブック』

の順に、実際の教材をみていきましょう。

 

Z会幼児年少ドリル『かんがえるちからワーク』で、深く考える習慣をつける

Z会幼児年少ブログワークドリル

Z会年少コースのワークドリルは、読み書き計算は難しくはないけれど、『じっくり考える問題』が多いです。

Z会年少コース終了時に身につく思考力レベルは、こどもちゃれんじや幼児ポピーの『年長教材』と同じくらい

この辺りが、Z会を始めるならできれば年少から始めておきたい理由。

ドリル量も2020年4月に増量し、24回分とたっぷり。年少教材では多い方ですね。

Z会は『深く考える習慣』を身に付けることを重視しているドリルだよ♪

 

Z会幼児年少ドリルの『言葉』ワークでひらがなが読めるようになる

Z会幼児年少ブログひらがなドリル

Z会年少2020年9月号

Z会年少コースの『言葉』ワークでは、主にひらがなの読みを学びます。

運筆の練習もしっかりしていきますよ。

Z会幼児年少ブログ運筆ワーク

Z会では、筆圧が弱い年少のうちは鉛筆ではなくクレヨンを使うことを推奨。

文字ワークのレベルは年少教材としてごく標準です。

ひらがなが初めての子でも基礎から学べるから安心だよ♪

 

Z会幼児年少ドリルの『数・形』ワークはイメージ力を重視

次にZ会年少の『数』ワーク。

どちらが多いか比べる問題。

Z会幼児年少ブログ数ワーク

Z会年少2020年9月号

こちらは、1つずつ増えるように迷路を進んでいく問題。

Z会幼児年少ブログ数字ドリル

これは3~4歳児にはちょっと難しめですね。
(幼児ポピーでは年長で出てくるレベルです。)

でも、大人と一緒に1つずつしっかり数えていくことで集中力がつきますよ。

 

次に『形』のワーク。

絵の中の四角を探す問題。

Z会幼児年少ブログ

 

こちらはサルのしっぽの長さを想像して比べる問題。

Z会幼児年少ブログ

 

子供が大好きな間違い探しもありますよ♪

洞察力や集中力を養います。

Z会幼児年少ブログ間違い探し

 

このようにZ会年少の『数・形』ワークは、数字ではなく絵を使い、

『数=無機質な記号』

ではなく、

『数=量』

としてイメージでとらえることを重視。

実はこれが幼児教育にとても大切なことで、『3+3=6』と覚えるよりも『魚が3匹と3匹であわせて6匹』とイメージで理解する方が、のちのち算数の力が大きく伸びていくことがわかっています。

Z会では、年長コースに上がっても「足し算も引き算も量でイメージする」ことを徹底しています。

ここが『先取り教育』と『あと伸び教育』の違うところですよ♪

 

Z会幼児年少ドリルの『論理』ワークで頭の使い方を覚える

さていよいよ『論理』ワーク。

この論理ワークがZ会幼児コースの大きな特徴1つで、年少さんから少しずつ「考える力」を養っていきます。

まずは、規則性を理解する問題。

Z会幼児年少ブログ論理

Z会年少2020年9月号

どんな順番で観覧車に乗っているかを理解して、空いているところをシールで埋めます。

 

こちらは迷路。『ドングリを全部拾う』『同じ道は通らない』という条件付きです。

Z会幼児年少ブログ

これ結構難しいですよね。

最初のうちは、「何度かやっているうちに偶然できた!」でも十分ですよ♪

 

次は、条件に合う子を選ぶ問題。

Z会幼児年少ブログ論理ドリル

どの子が合っているのか違っているのか、1人ずつしっかり確認していきます。

 

このようにZ会年少コースには、考える力が身につく問題がたくさんあります。

こうして、

「ちょっと考える経験」

を積み重ねていくうちに、

「筋道を立てて物事を考える思考回路」

ができあがっていきます。

その思考回路を、脳の90%ができあがる6歳までにぜひ身につけておきたいですね。

思考力とは、『頭の良さ』というよりも『頭を使う習慣』と言えるよ♪

 

Z会幼児年少ドリルの『表現』ワークで自己表現力を養う

Z会幼児コースの、論理ワークともう一つの特徴は、『表現ワーク』。

たとえば年少コースでは、こんなワークがありますよ♪

Z会幼児年少ブログ表現ワーク

この『表現』ワークは、年少では月1~2回、年長では生き物や料理の絵も含めて月5~7回と、どんどん増えていきます。

このアウトプットの経験は、幼児期には本当に大切で、将来の大きな財産になります。

小学校の新学習指導要領でも、『自己表現力』が重視されていますよ♪

★あわせて読みたい

 

Z会幼児年少ワークドリルのまとめ

見てきたように、Z会幼児年少コースは「考える力」を重点的に鍛えるワーク

でも、最初から考える問題が得意な子はあまりいません。

子供が「考えるって楽しい!」と思うようになるためには、しばらくは親が横で

「これどうなってるんだろうね?」
「なるほど、こういうことか~!おもしろいねぇ」
「〇〇ちゃん、よくわかったね、すごいね!」

と盛り上げる必要がありますよ。

考える

わかる

ひらめくことが脳の快感(クセ)になる

単純な問題より『考える問題』が好きになる

この回路ができるかどうかが、子供が勉強を好きになるかの分かれ目。

そして、このような思考力を養う問題を年少~年長まで経験するかしないかで、頭の構造(考え方のクセ)はかなり違ってきます

でも、Z会は決してパッと見て飛びつくような楽しい教材ではないので、

「いかに無理強いすることなく楽しく取り組ませるか」

がキーになりますよ♪

Z会幼児年少ワークドリルのまとめ

  • 文字や数のワークレベルは標準。
  • 論理の問題はちょっと難しめで、思考力がしっかりつく。
  • 想像力を養う表現ワークがある。
  • 淡白でドリル感があり、親の盛り上げが必要。
年少でZ会の面白さにうまくハマってくれれば、年中以降はスイスイ進めるよ♪

\楽しい無料お試し教材はコチラから/

今すぐZ会年少コースを無料体験してみる♪

他の年少向け通信教材との比較はこちらをご覧ください♪

 

 

Z会幼児年少コース・実体験学習本『ぺあぜっと』がすごい

Z会幼児年少ブログ

Z会幼児年少コースのもう1つのメイン教材は、実体験学習本『ぺあぜっと』

Z会が幼児期に本当に必要な教育を考えて独自に作った、完全オリジナル教材です。

お勉強というと、つい効果が見えやすい読み書き計算に偏りがちだけど、実は幼児期には『好奇心の芽』をたくさん育んでおくほうが、5年後10年後に能力がグンと伸びます

3~4歳は「何でも知りたい・自分でやりたい」と意欲旺盛な時期。

日々大変な思いをしている親御さんも多いと思うけれど、この年齢は子供の好奇心を伸ばすのにもってこいの時期。逃す手はありませんよ♪

 

Z会幼児年少コースの実体験学習では、子供が

「おもしろそう!もっと知りたい!もっとやってみたい!」

とワクワクする題材が毎月4回分づつあります。

この実体験は年中になると月8回、年長は月10回に増え、3年分合計するとなんと264回!

この264回の経験値はとんでもなく、この経験をするとしないとでは、小学校入学時の興味の幅がまったく違います

また、

  • 頑張ってやり遂げる力
  • 工夫してひらめく力
  • 発展させる応用力

など、机上の勉強では絶対に得られない力が身に付きますよ♪

ではさっそくZ会年少コースの実体験の中身を見ていきましょう。

Z会【年少】の実体験教材
回数月4回分(1回10~30分)
自然科学・実験・工作など洗濯物をたたむ・新聞紙で工作・花びらでたたき染め・ちょきちょきサンドイッチ・言葉ゲーム・三角形で形遊び・陰遊び・空き瓶で手品・冬野菜の観察など
食育お箸の練習・果物でジュース作り・炊飯・おもち料理など

 

Z会年少の実体験学習で重視されている『食育』

まずは、Z会が一番力を入れている『食育』

たとえばこちら。いろんな食材の皮を剥くとどうなるかな?

Z会幼児年少ブログ食育体験

食材によって外皮と内皮、食べられる皮と食べられない皮があることなどを話していきます。

実際に卵の殻を剥きます。

Z会幼児年少ブログ料理実体験

単純な作業だけど、すごく集中してやりますよ♪

 

次は、体験教材にも載っている『まっくろバナナ』

焼きバナナを作ります。

Z会幼児年少ブログ食育焼きバナナ

Z会幼児年少ブログ料理体験

焼くとバナナの皮が真っ黒になり、中はトローリ柔らかく甘く♪

料理はまさに一番身近な『サイエンス』ですね。

ちなみにこの出来上がった焼きバナナ、「おいしい!」と食べる子と、真っ黒い外見に驚いて口をつけたがらない子に分かれるようです(笑)

 

このような食育体験が、Z会では年長までほぼ毎月続きます。

年長さんでは、お弁当やお雑煮まで作りますよ。

お料理にはこんなメリットが♪

料理のメリット

  • 化学反応を間近で見られる
  • 手先を使い、脳が活性化する
  • 段取り力・集中力がつく
  • 食材の手触り・調理の音など、五感を豊かにする
  • 好き嫌いが減る
  • 人の役に立ち、自己肯定感が高まる

親に余裕がないときには大変だけれど、休日などに料理のお手伝いを習慣化することをおすすめします。

食育は「面倒くさい」という気持ちがまだない幼児期に始めてしまいましょう♪

 

Z会年少の実体験『描画・色塗り』で表現力や創造力を高める

ワークドリルの中にも必ず毎月ある『表現課題』が、実体験本ぺあぜっとにも出てきます。

たとえば9月号は、『にじいろのへび』

Z会幼児年少ブログ表現体験

Z会幼児年少ブログ表現課題

Z会年少2020年9月号

物語を読んで、最後に自分の好きなようにへびに色を塗ります。

Z会幼児年少ブログ描画色塗り

これ、子供は本当にワクワクして目を輝かせますよ♪

この課題は、『子ども芸術ネットワーク』代表理事・アートプロデューサーの矢野真一先生の監修。

Z会幼児コースでは、年少~年長まで通して『課題描写』を続けていきます。

子供にとって作品は『自分自身』。

自己を表現することで、子供の自己肯定感を高めます。

なので、もし

「ここがおかしいよ。」
「もっと丁寧に塗ったら?」

と否定すると、自分自身が否定されたように感じてしまいます。

「親が気に入るように」ではなく「自分の心のままに」描かせてあげるようにしましょう。

一見学力とは関係なく思えるけれど、『自己表現力(アウトプット力)』を高めると、脳と心がバランスよく発達していくよ♪

 

Z会年少の実体験『自然・季節・行事』

Z会年少のぺあぜっとには、自然や季節、お正月や節句などの行事の学びも。

たとえば11月号は『かげはともだち』。

Z会幼児年少実体験教材の効果

Z会年少11月号

場所によって影の形が変わるのを確かめます。

Z会幼児年少実体験教材の影

今度は物の影を観察。

Z会幼児年少実体験教材の自然科学

このように、年少コースでは身近なことを題材に、疑問に思ったり確かめたりする習慣を少しずつ付けていきますよ。

 

このZ会幼児の実体験学習は、年中・年長に上がるにつれ、もっと抽象的で面白い自然科学や幅広い社会の学びに進んでいきます。

詳しくはこちらをご覧ください♪

 

我が家も、毎月体験を重ねるごとに子供の好奇心や想像力が広がっていくのを目の当たりにして、Z会をやって本当によかったなぁと実感しています。

少し手間がかかるけれど、やった分だけ必ず価値のある教材なので、ぜひおすすめします。

Z会の実体験学習は、ワークドリルでは決して身につかない『創意工夫力』や『非認知能力』が養えますよ♪

★あわせて読みたい

 

 

Z会幼児・年少コース『いっしょにおでかけブック』も知育教材

Z会幼児年少ブログおでかけ絵本

Z会幼児年少2020年9月号

Z会幼児コースでは、年少のみ『いっしょにおでかけブック』が毎月付きます。

大きさは15×18cmで、持ち運びにピッタリ。

しかも、ただのミニ絵本ではなく、知育になる工夫がされていますよ♪

たとえば折り紙で動物や魚を作る絵本。

Z会幼児年少ブログ絵本

Z会幼児年少ブログミニ絵本の効果

折り紙につける目玉シールも付いています。

毎月のテーマは、生き物・乗り物・生活・行事など。

付録の絵本まで知育になっているのも、Z会ならではですね。

Z会のミニ絵本は何度でも繰り返し楽しめるよ♪

 

 

Z会が考える、幼児教育で本当に大切なこととは?

Z会幼児年少ブログ保護者冊子

Z会幼児年少2020年9月号

どの幼児通信教材にも保護者向けの冊子は付いているけれど、いろいろ読んだ結果、私が一番「目からウロコ!」なことが多かったのはZ会です。

これだけ難関校の合格実績をあげているZ会なのに、幼児コースのアドバイスは、とにかく

「子供の自由を尊重しよう」
「たくさん自己表現させよう」
「考えること・遊ぶことを邪魔しない」
「好奇心の芽を潰さない」

といった、ガリガリ勉強させるのとは真逆のことばかり。

そういう育て方をしたほうが、将来伸びるということです。

もちろんただ遊ばせるだけではなく、その中で思考力・非認知能力を伸ばすポイントもしっかり教えてくれますよ。

Z会幼児年少ブログ保護者アドバイス

 

『ぺあぜっと』の実体験を効果的に行う方法も、詳しく載っています。

Z会幼児年少ブログ体験の仕方

自由を尊重して沢山の体験をさせることが、子供が将来を生き抜く力を養っていきますよ♪

\楽しい無料お試し教材はコチラから/

さっそくZ会年少コースを無料体験してみる♪

★あわせて読みたい

 

 

Z会幼児・年少コースのレベルを、他の幼児教育と比較すると?

代表的な幼児教材を、すべてお試し教材ではなく実際の教材で比較しました。

比較ランキング幼児通信年少教材のレベルランキング

幼児年少教材 レベルランキング

ここでいうレベルとは、

「どこまで小学校の先取り学習をするか」

ではなく、

「幼児の範囲内でどこまで思考力・応用力が付くか」

ということです。

どれをやっても小学校入学前の到達点は「ひらがな・カタカナ・簡単な計算の習得」で、あまり変わりません。

(がんばる舎と七田式プリントは多少の先取りあり)

Z会幼児年少コースは、最初は簡単だけど、徐々に考える問題が増えていくので、年少終了時には、幼児ポピーやこどもちゃれんじとは『思考力の差』が大きくつきますよ。

ちなみに、年中・年長になっても、このレベルランキングはほとんど変わりません。

ただ年中以降は、格段に難しい『こどもちゃれんじ思考力特化コース』が入ってきます。ご興味のある方はこちらからレビューをどうぞ

詳しい比較レビューはこちらをご覧ください。

幼児期には先取りよりも『思考力』や『好奇心』を養う方がおすすめですよ♪

 

 

Z会幼児・年少コースの料金は?

年少向け幼児教育の料金比較。

年少向け幼児教育年一括払い(月あたり)月払い
幼児ポピー年少『きいどり』¥930¥980
Z会年少コース¥1,870¥2,200
こどもちゃれんじ年少『ほっぷ』¥1,980¥2,379

(2021年4月からの料金・すべて税込み)

Z会年少コースの料金は、ごく標準的

ワークドリルと実体験学習の2本立てで、Z会のカリキュラムに年少からしっかり乗れると考えると、コスパはとても良いです。

入会金はなく、最短1か月の受講で退会できるのも、良心的で嬉しいよね♪

 

 

さぁ、今すぐZ会幼児・年少コースを無料体験してみよう!

Z会幼児年少ブログまとめ

見てきたように、Z会幼児コースは、『ワークドリル』と『自然科学や食育の実体験学習』の2本立てという、幼児教育の理想形の教材

他の幼児教材が『読み書き計算』に力を入れる中、

  • 思考力と表現力を養う
  • 好奇心の芽を伸ばす
  • 行動力や創意工夫力を身につける

というZ会独自のカリキュラムで、6歳までの脳の発達が著しい時期に一番伸ばしておきたい部分を、しっかり刺激していきます。

まとめると、

Z会幼児年少コースはこんなご家庭におすすめ♪

  • これからの社会の変化に適応できる『思考力・非認知能力』を身につけたい
  • 目先の効果よりも、将来伸びてほしい
  • 好きなことを見つけて取り組める子になってほしい
  • Z会の一貫カリキュラムにのせたい

子供Z会幼児年少コースのデメリット

  • ワークドリルはお勉強感があり淡白で、子供が机に向かう動機付けが弱い
  • 実体験学習は親の手間がかかる

もし手間さえ気にならなければ、Z会は本当におすすめ。

うちは3月生まれで「年少で幼児教育は早いかな?」と思い、年中から始めたのだけれど、もしZ会の内容(特に実体験学習)を知っていたら絶対に年少から始めていました。

興味がある方は、まずは無料体験教材でぜひ試してみてくださいね。

Z会はしつこい電話勧誘などやDMの嵐などもなく安心ですよ♪

無料体験教材だけでもボリュームたっぷりで楽しいので、ぜひ一度試してみてくださいね♪

\楽しい無料お試し教材はコチラから/

今すぐZ会年少コースを無料体験してみる♪


Z会幼児年中3月号教材の効果
年中3月号・ワークの到達点は?【Z会幼児】

Z会幼児年中コース最後の教材が届いた! 難関校合格実績で知られるZ会の、幼児向け通信教育『Z会幼児コース』。 その年中コースの仕上げとなる3月号が届きました!(2020年) 年中3月号の教材内容は、 ...

続きを見る


Z会幼児年長コースの効果口コミ
【Z会年長口コミ】1年受講したらこうなった

わが家の3月生まれの長男が、『Z会幼児年長コース』を1年間受講。(2020〜2021年) どんな力がついたか?逆にがっかりしたことは何? ここではZ会幼児年長コースについて、チャイルドコーチングマイス ...

続きを見る

 

幼児通信教育を比較


思考力を養う幼児教材ランキング
思考力が本当につく幼児通信教材ランキング【2021年】

『思考力』という言葉をよく耳にするようになりましたよね。 小さいお子さんがいらっしゃる親御さんは、 「幼児期から思考力をつけるべき?」 「どの幼児教材も『思考力を養う』と書いてあるけれど、どれがいいの ...

Z会幼児コース


Z会幼児年少ブログ
Z会は年少から始めるべき?メリットとデメリット

幼児通信教育は年少か年中から始まるものが大半。 どちらから始めるのがいいのか、迷いますよね。 結論から言うと、文字や数のお勉強は年中からでも十分。 でも、年少から独自のカリキュラムを組んでいる幼児教育 ...


Z会幼児年中3月号教材の効果
年中3月号・ワークの到達点は?【Z会幼児】

Z会幼児年中コース最後の教材が届いた! 難関校合格実績で知られるZ会の、幼児向け通信教育『Z会幼児コース』。 その年中コースの仕上げとなる3月号が届きました!(2020年) 年中3月号の教材内容は、 ...


Z会幼児年長コースの効果口コミ
【Z会年長口コミ】1年受講したらこうなった

わが家の3月生まれの長男が、『Z会幼児年長コース』を1年間受講。(2020〜2021年) どんな力がついたか?逆にがっかりしたことは何? ここではZ会幼児年長コースについて、チャイルドコーチングマイス ...


Z会幼児実体験学習ぺあぜっとの受講口コミ
Z会幼児の実体験学習『ぺあぜっと』ってどうなの?【口コミ】

Z会幼児コースを検討している方で、 「Z会の実体験学習『ぺあぜっと』って一体何をするの?道具は?効果はある?」 と気になっていらっしゃる方もいるかと思います。 はっきり言って、このZ会幼児の実体験学習 ...


Z会幼児表現お絵描きワークの効果
『お絵かき課題』が面白い!Z会幼児の表現ワーク

  中学高校生向けでは難しめの通信教育として知られている『Z会』。 そのZ会が2010年に始めた『幼児向けの通信教育』は、いったいどういうものなのか気になりますよね。 「Z会のレベルで考える ...

こどもちゃれんじ


こどもちゃれんじ思考力特化コースの口コミ
こどもちゃれんじ思考力特化コースの効果・他の教材とどう違う?

「こどもちゃれんじは付録が多すぎる」 「総合コースが簡単だから思考力特化コースに移ろうかな?」 という方、いらっしゃるのではないでしょうか? この記事では、チャイルドコーチングマイスターで幼児・小学生 ...


こどもちゃれんじ総合思考力特化コース比較
【総合|思考力特化コース】こどもちゃれんじ徹底比較レビュー!

こどもちゃれんじの年中すてっぷから選択できる『思考力特化コース』。 「いきなり思考力特化コースから始めても大丈夫かな?」 「総合コースと思考力特化コースって、どれくらいレベルが違うの?」 と気になる方 ...

幼児ポピー


幼児ポピー2歳ももちゃん
幼児ポピー2歳ももちゃんってどんな教材?【受講口コミ】

幼児向けの通信教育って、年少さん(3歳)から始まるものが多いけれど、 「3歳までの知育ってどうしたらいいの?」 「何もしないで大丈夫かな?」 と不安になる方も多いのではないでしょうか? ここでは、チャ ...


幼児ポピー年少きいどりブログ
ポピー年少きいどりがおすすめの理由は?【受講口コミ】

お子さんが年少さんになると、 「何か通信教育を始めようかな?」 「お友達が字を読めるようになってきて、うちも教えた方がいいかな?!」 と思う機会が増えますよね。 ここでは、チャイルドコーチングマイスタ ...


幼児ポピーあかどり4歳の効果
【年中あかどり】幼児ポピー口コミ・メリットデメリットは?

「年中からお勉強を始めたいけれど、よく聞く幼児ポピーってどんな教材かな?」 「口コミはどうだろう?成長できるのかな?難しすぎないかな?」 この記事ではそんな疑問をスッキリ解消します。 チャイルドコーチ ...


幼児ポピー年長あおどりブログ
【口コミ】ポピー年長あおどりの効果とデメリットは?

「年長からできる幼児通信教育ってないかな?」 「ドリルを買っても全然やらない…」 そんなお子さんには、幼児ポピー年長『あおどり』をおすすめします。 なぜポピーがおすすめなのか、ポピーが合わないのはどう ...

まなびwith


まなびwith年中3月号
まなびwith(ウィズ)幼児年中3月号の感想・ワークの到達点は?

小学館『まなびwith(ウィズ)』幼児年中最後の教材が届いた! 2019年4月に小学館の幼児向け通信教材が『ドラゼミ』から『まなびwith』に変わって1年。 年中の仕上げとなる3月号が届きました!(2 ...


まなびwith年長4月号全教材
【まなびwith】幼児年長コース4月号レビュー・ワークのレベルは?

まなびwith幼児年長コース最初の教材が届いた! 2019年に『ドラゼミ』から改訂された、小学館の幼児通信教育『まなびwith』。 その年長コース4月号が届きました。 まなびwithはいつも郵便投函な ...

スマイルゼミ
スマイルゼミ幼児口コミブログ
スマイルゼミ幼児は『文字と英語』にメリットあり【タブレット口コミ】

「幼児教育を始めたいけれど、付録や教材が溜まるのはイヤだな・・・」 「タブレット型幼児教育ってどうなんだろう?」 そう思っている方も多いのではないでしょうか。 ここでは、タブレット型幼児教育で一番評判 ...

七田式
七田式DVDカードの効果
七田式のDVDやカード教材を4歳で始めてみた!効果は?

幼児教育で人気の『七田式』。 我が家も、 「右脳を開発する」 「天才児が育つ」 「教室通いだけではなく通信教育でも学べる」 という話を聞いて、正直気にはなっていたけれど、 年間¥104,500(一括払 ...

教材比較


年長小学校入学前の勉強はどこまで
年長の勉強はどこまで?先取りは必要?【幼児教材比較】

子供が年長さんになると、 「これまで特に勉強してこなかったけど、入学準備は大丈夫かな?」 「小学校の勉強をある程度先取りしておいた方がいいの?」 と不安になることがありますよね。 チャイルドコーチング ...


こどもちゃれんじZ会比較ブログ
【こどもちゃれんじ|Z会比較】違いは歴然!実際の教材で比較

幼児の5人に1人は受講する人気の幼児教育 『こどもちゃれんじ』 難関校合格実績が断トツのZ会が作った 『Z会幼児コース』 どちらが良いか迷いますよね。 ここでは、こどもちゃれんじ・Z会ともにワークドリ ...


こどもちゃれんじ思考力特化コースとZ会の比較
【こどもちゃれんじ思考力特化コース|Z会比較】 併用受講の結果は?

幼児教育の通信教材の中でもレベルが高めの2教材、 こどもちゃれんじ思考力特化コース Z会幼児コース の年中・年長教材を、実際の受講経験から内容と効果を徹底比較しました。 ※ Z会は、2020年に思考力 ...


まなびwithとZ会幼児の比較受講
【まなびwith|Z会】幼児コースを比較!併用受講した結果

幼児通信教育を始めたいけれど、 「こどもちゃれんじや幼児ポピーでは簡単すぎる」 ということで、 小学館 まなびwith幼児コース(年中〜) Z会幼児コース(年少〜) を検討している方も多いのではないで ...


こどもちゃれんじと幼児ポピー比較
【ポピー・こどもちゃれんじ比較】決定的な違いがあった!

よく比較される『こどもちゃれんじ』(0歳~)と『幼児ポピー』(2歳~)。 どちらも歴史と実績のある乳幼児通信教材ですね。 でも内容は全然違う! 『料金』や『付録』の違いがクローズアップされがちだけど、 ...


こどもちゃれんじとまなびwith比較
【比較】こどもちゃれんじとまなびwith幼児の大きな違いは?

幼児通信教育の最大手のベネッセ『こどもちゃれんじ』と、出版社の最大手の小学館『まなびwith幼児コース』。 どちらがよいのでしょうか? 基本的には2教材とも良質な通信教育なのでどちらを受講しても大丈夫 ...

英語


幼児の英語学習
幼児期の英語、どうやって学ぶ?

幼児のうちから英語を学ばせたいという親御さん、多いですよね。 英語は始めるのが早ければ早いほど、その後の習得がグンと楽になることがわかっています。 関連幼児期から英語教育を始めるメリット でも一体どう ...

絶対に読んでおきたい子育て本
子育て本おすすめ6選【モンテッソーリ・脳科学・コーチング】

「自分の子育て方法が合っているのかわからない…」 「年齢ごとに必ずしておいたほうがいいことってあるのかな?」 と不安になることがありますよね。 そんな時に助けになるのが子育て・育児本。 ここでは、生活 ...

こちらの記事も読まれています


子供の勉強時間
幼児期の子供は一日どれくらい勉強すればいいの?

幼稚園や保育園の年中・年長さんくらいになると、何かしらの学習ドリルや幼児教育教材を始めるご家庭が増えてきますよね。 小学校入学前の幼児は、一日に何分くらい学習するのが理想? 無理に勉強させることはない ...


モンテッソーリ教育を簡単にまとめ
モンテッソーリ教育とは?大切なのは親の接し方

近年注目を集めている『モンテッソーリ教育』。 将棋の藤井聡太さんが幼少期に受けていたことで、気になっていらっしゃる方も多いですよね。 でも、 「いろいろな調べると難しそうだし、教具などが必要でなかなか ...


幼児教育は必要
幼児教育とは? 本当に必要なの?

幼児教育とは? 幼児教育=早期教育? 子供が生まれてしばらくすると、だんだんと『幼児教育』というものが気になってきますよね。 「なにか幼児教育を受けさせたほうがいいのかな?」 「そもそも幼児教育って必 ...


子供の能力を伸ばす 
子供の能力は6歳までの過ごし方で決まる?!

AIの開発が進み、今後多くの仕事がなくなっていくと言われている中、 いま幼児期の子供たちが大人になる頃には、どんな世の中になっているのだろう? どんな仕事に就けるのだろう? と心配されている親御さんも ...


幼児期の子供が楽しく学習するコツ
幼児期の子供が楽しく勉強するコツは?

子供が年少・年中になり、周りのお友達が字を読めたり足し算ができたりしてくると、うちも何かさせたほうがいいのかな?と思いますよね。 否が応でも小学校に上がると少なくとも9年間は続く『勉強』。 幼児期から ...


子供部屋の作り方
幼児の能力を伸ばす「子供部屋」の作り方・片付けよりも大切なのは?

子供部屋や、リビングの子供スペースを作るとき、親御さんとしては、 「片付けやすい」 「掃除しやすい」 「家のインテリアを崩さない」 すっきりとしたスペースを作りたいと思うかもしれません。 ですがここで ...


自己肯定感を高める子供部屋
子供部屋作りのポイントは自己肯定感!

みなさん、子供部屋はどんな風に作っていますか? すっきりとしたシンプルな空間にしていますか? それともごちゃごちゃした子供が好きな空間にしていますか? 子供の能力を伸ばすためには、 好奇心を育てる 自 ...


子供の習い事
子供の習い事を選ぶ4つの方法

子供が3~5歳ぐらいになると、周りのママ達との会話に『習い事』の話題が頻繁に出てくるようになりますよね。 「うちはまだ早いかな?」 「幼稚園や保育園での活動だけで十分では?」 と思いつつ、周りが続々と ...


早生まれのスポーツ選手
早生まれは不利じゃない!こんなメリットも【スポーツ選手編】

早生まれは不利って聞くけど… 早生まれのお子さんがいらっしゃる親御さん、将来のことなど、いろいろと心配になったりしませんか? 私事ですが、筆者にも長年の不妊治療でようやく授かった息子がいます。 予定日 ...


早生まれ文科系の有名人
早生まれは不利なだけじゃない!こんなメリットも【文科系編】

2021年6月6日更新 早生まれの子供は本当に不利?! 何かと不利なことが多いと言われてしまう早生まれ(1月1日~4月1日生まれ)。 本当に不利で損なことばかりなのでしょうか? 調べてみると、まずスポ ...


早生まれの子供の育て方
早生まれが不利にならない育て方・劣等感を払拭しよう

早生まれは勉強も運動も不利? でも優秀な実績を上げているのは早生まれ! 早生まれのお子さんを持つ親御さん、たくさんいらっしゃいますよね。 月による出生数の偏りはあまりないので、単純に計算すると、同学年 ...


早生まれの保育園・幼稚園
早生まれは園生活についていけない!? 保育園・幼稚園の正しい選び方

早生まれのお子さんを持つママ・パパ。 生まれてまだ首も座らない頃に、もうよちよち歩きをしている春生まれの子供を見て、 「まさか同級生なの!?」 とびっくりした経験があるのではないでしょうか。 我が家の ...


早生まれの海外事情
早生まれとは?日本と海外の学年はどう違うの?

早生まれのお子さんを持つ親御さん、出産予定日が早生まれの時期にあたるプレママ・パパさん。 「早生まれは不利」 という情報を目にすることが多く、不安になることはありませんか? また、2020年の新型コロ ...


9月入学始業で学年早生まれどうなる
9月入学始業は見送りに!今後実施はある?メリットとデメリット

2021年からの9月入学・始業は見送りに 2020年初頭から流行している新型コロナウィルスによる休校期間への対応として、『9月入学・始業』への移行案が浮上しました。 しかし、6月1日、政府より2021 ...


小柄男子のランドセル選び
ランドセル選びブログ 〜早生まれ小柄男子のラン活記録♪

我が家のランドセル選びスタート! 【雑記ブログ】 私事ですが、筆者の長男が来年小学校入学を迎えることになりました。(2021年4月) 妊活、保活、習活(習い事)、そしてラン活。 「なんとか活」はどこま ...

-幼児向け通信教育教材

error: Content is protected !!

Copyright© こども学習.com , 2021 All Rights Reserved.